menuclear

【お酒を飲むと損⁉】お酒を飲むと筋トレ効果が3分の1も減る⁉

筋トレと栄養 2021.02.27

結論からいうと、筋トレ後の飲酒は控えることをおすすめ致します!

アルコールは身体に以下のような影響を与えてしまいます。

 

  1. 筋肉が分解されてしまう。
  2. 筋肉増量が抑制されてしまう。
  3. 脱水症状になりやすくなる。
  4. 睡眠が浅くなってしまう。
  5. 体脂肪がつきやすい。

 

筋トレ後のアルコール摂取と筋たんぱくの合成率
※筋トレを行った後の2~8時間の筋たんぱくの合成率

 

【筋肉が分解されてしまう】

 

上記グラフの通り、お酒を飲んでしまうと、せっかくトレーニングしても筋たんぱくの合成率が低下し、筋トレの成果が十分に出ません。

飲酒するとストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールが増加。

コルチゾールは筋肉を分解する作用があります

筋肉を減らさないためにもトレーニング直後の飲酒はなるべく控えましょう。

 

【筋肉増量が抑制されてしまう】

 

お酒を飲むと、筋力増量作用のあるテストステロンというホルモンが減ってしまいます。そのため、筋肉の増量が抑制されてしまいます。

また、筋肉の修復に使われるタンパク質がアルコールの分解に使われてしまうので、トレーニング効果が薄くなってしまいます。

 

【脱水症状になる可能性がある】

 

アルコールの分解には水分を使うため、脱水症状になる可能性があります。また、アルコールには利尿作用があるため、体内の水分が排出されやすくなってしまいます。

筋肉には水分が多く含まれており、脱水状態になってしまうと、筋肉へ栄養がうまく行き渡りません。

飲酒時にはしっかりと水を飲むよう心掛けましょう!

 

【睡眠が浅くなってしまう】

お酒を飲むと睡眠が浅くなってしまいます。

アルコールの主成分であるアセトアルデヒドという物質が、睡眠のサイクルを乱すと考えられているからです。

ちなみに、このアセトアルデヒドは2日酔い症状の主要因ともいわれています。

眠りが浅いと、脳やカラダの疲労が溜まりやすくなり、筋肉を休めることができません。

特にトレーニング後は、筋肉を回復させるために良質な睡眠が必要です。

 

【体脂肪がつきやすい】

アルコールはカロリーが高いため、体脂肪がつきやすくなってしまいます。

特にビールや日本酒は糖質が多いです。

また、飲酒の際におつまみでよく食べる揚げ物などは脂質が多くカロリーも高いので、体脂肪が増える原因になります。

飲酒の際のおつまみにも注意しましょう!

 

このようにお酒には様々なデメリットがあります。

自分の理想の体になるためには、お酒とうまく付き合っていく必要がありますので、是非参考にしてみてください!

=====================

【2月のブログ特典】

入会金33,000円が半額→16,500円!

来店時、「ブログ見ました」とお伝え下さい。

 

↓【CONTACT US(お問い合わせフォーム)からご予約お願いします】

 

お問合わせフォームはこちらから/無料カウンセリングも受付中

 

↓【まずは体験】パーソナルトレーニングを体験してみたい方はこちら

自分に合うかどうかまずはお試し-体験トレーニングはこちらから

 

↓【Instagram公式アカウント】

オリジンパーソナルジム(@origin_personal_gym) • Instagram写真と動画

 

↓【Facebook公式アカウント】

(1) Origin Personal Gym(オリジンパーソナルジム) | Facebook

 

あなたが思う理想の体・なりたい体に全力で導いていきます!

一緒に目標に向かって頑張っていきましょう!

是非、1度オリジンパーソナルジムにお越しください!

ダイエットや、美容、ボディメイクなど
プロのトレーナーに
お気軽にご相談ください

無料カウンセリング/お問合わせ

初めての方におすすめです
オリジンジムのパーソナルトレーニングを
受けてみたい方は是非ご利用ください

体験トレーニング

CAMPAIGN

体験トレーニングが期間限定特別価格でご利用頂けます